【宿泊記】大浴場あり「京急EXイン羽田イノベーションシティ」部屋から飛行機や空港は見える?穴場かも・・

(記事公開日: 2021/11/27)


みなさま、こんにちは。30代主婦のホヌコでございます!

夫が仕事で1週間の長期出張へ行くため、「お見送り」と称して羽田空港へ行ってきました。

と言っても4日ぶりの羽田です!

しばらく夫も不在になるし、お見送りついでに、以前よりずっと気になっていた空港近くのホテルに1人で宿泊して、存分に飛行機を満喫しようと考えました。

今回は「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」の宿泊記をお届けします!


予約の内容

羽田周辺には京急EXグループのホテルが3館存在しますが、今回予約したのは「京急EXイン 羽田イノベーションシティ」。

約1年前に開業した羽田イノベーションシティ内に存在しているビジネスホテルで、京急EXインとして初の大浴場を兼ね備えています。

大浴場が気になり、オープンした頃から宿泊したいと思っていたのですが、新型ウイルスの影響で大浴場の営業が中止されていました。しかし9月13日から無事に営業が開始されました。

このタイミングで行くしかない!

前日の夜に、急遽の思いつきで「じゃらん」経由で予約を取りました。予約内容はコチラ↓

 部屋タイプ:【禁煙】スタンダードセミダブルType-B

料金:(税込)7,000円

 素泊まりで、チェックアウト時間が12:00までのプランにしました。

料金も格安です。

宿泊予約サイトで空室状況や料金をチェック!

予約後に眺望(飛行機が見える部屋)のリクエストをしてみた

私が1番気になっているのは、部屋から飛行機が見えるかどうか。

ネットで眺望に関しての口コミを見る限りだと、飛行機や空港などの眺望はあまり期待できない感じでした。それでも色々と情報を探り、せめて空港側になれそうな部屋タイプで予約を取りました。

HPを確認すると「部屋のリクエストをお受けすることはできますが、確約はできかねます」的な記載を発見。

前日予約だけど、ダメ元でリクエストだけはしてみようと、すぐにホテルに電話をかけ、飛行機の見える部屋をリクエストしました。

電話では「確約はできませんが、なるべくご希望に沿ってお部屋を用意いたします」とご丁寧に対応していただきました。ありがとうございます!

過去に何度か飛行機の見える空港付近のホテルに宿泊したことがありますが、今回のホテルの眺望はいかに!?

お願いだから、部屋から空港や飛行機が見えますように!!


【宿泊記】京急EXイン 羽田イノベーションシティ

羽田空港をぶらぶら・イノベーションシティへ移動する

10:30頃に第2ターミナルへ到着。

いつもは平日に来るから人もそこまで多くないけど、今日は休日ということで空港内が非常に混雑している。コロナ前の活気が戻っている!

北側デッキで、夫が搭乗している便をしばし鑑賞。

B787-8か。いいなー!

ゲートから離れる時にコックピットからお手振りをいただいたので、嬉しくて私も手を振りました!

プッシュバックが完了。

滑走路へ向かう機体。

私も急いで南側デッキへ移動!

D滑走路から離陸して行きました。

いってらっしゃい!

あー飛行機に乗りたい。

お見送りも済んだところで、お腹が空いたので好きなパンを買いに行きます。

出発ロビーにある東京食賓館に寄り、木村屋總本店のあんバターホイップを購入。

これ美味しいのです!

あと手包ビーフカレーパンも!

空いているであろう第3ターミナルのデッキで食べようと思い、移動してきました。

平日は余裕のある無料連絡バスが、今日は満員でびっくり。

休日だからか親子連れが多いです。

ここで飛行機を見ながらお昼ご飯を食べよう。

見切れているけど、格納庫前には金鶴!

もう見納めか、寂しいな。

そろそろイノベーションシティへ移動。

京急線でも東京モノレールでもどちらでもアクセス可能です。

普段は京急線に乗りますが、たまには眺めの良い東京モノレールで行こう!

第3ターミナル駅のホーム。

先端へ行くと、最高の眺め。

フォトスポットになっています。

モノレールに乗り込みました。

写真に写っている羽田エアポートガーデンは、開業がずっと延期されています。

ホテルヴィラフォンテーヌにも泊まってみたいし、最上階の天然温泉「泉天空の湯」が楽しみで仕方ないです。早くオープンできることを願っています!

久しぶりのモノレールは楽しい!

もっと乗っていたいけど、たったの2分で天空橋駅に到着。

改札を出ました。

イノベーションシティへは左に進みますが、右側に進むと駐機場があり、間近に機体を眺めることができます。

吸い込まれるように駐機場方面へ!

981番スポット付近に駐機されている機体が間近で見られます。

すぐそこにはデルタのコンテナが置いてある!

時間はたくさんあるので、ひとまずイノベーションシティへ向かうことにします。

去年の10月から来ていないので、約1年ぶり。

タリーズがオープンしてる!

前に来た時にはまだなかったなー。

いきなりヘリコプターのすごい音が聞こえてきて空を見ると、海上保安庁のヘリ!

駐機場のHELLO2020JET(B777-200)もここからの方が全貌を見ることができる。

人も少なくて、のんびりした広々空間。

と思っていたら・・・

右奥のzepp haneda付近に長蛇の列。

誰かのライブがあるみたいです。

多摩川方面から日が差し込んでいます。

15時を見計らって、足湯スカイデッキに来ました。

ちょうど南風運用に切り替わり、目の前のB滑走路から離陸が始まりました。

JALのB737が大迫力で頭上を通り過ぎて行く。

ソラシドのB737。

そろそろホテルにチェックインしてみよう。


チェックインをする・眺望リクエストの効果は?

場所はZONEJで、フロントは2階(この階)にあります。

ここから入ります!

しっかり消毒をする。

ロビーは広々とした作りで、ソファーやテーブルがいくつか設置されています。

チェックイン時にフロントスタッフの方より、空きがありリクエストに沿った部屋が用意できた旨を伝えていただきました。

良かった、ありがとうございます!!

フロントカウンターの横にはアメニティが並んでいて、必要な分だけセルフで持って行きます。

棚の下には新聞もありました。

コーヒーマシンもある。

カフェインレスがあったのは、個人的にすごくありがたかったです。

部屋へ向かいましょう。

フロントを過ぎて少し長い通路をまっすぐ進みます。

シンプルですが、とても綺麗なホテル!

エレベーターホールの手前にはカードパネルがあり、部屋のカードキーをタッチさせないと自動ドアが開きません。

セキュリティがしっかりしている!

エレベーターホールの大きな窓からは多摩川方面から日が差し込んでいて、とても明るい。

エレベーターにもカードパネルがあり、カードキーをタッチさせる必要があります。

エレベーターを降りると、ここにも大きな窓があり景色がきれい。

このホテルは6階建で、今回は5階に宿泊します。

↑この図で言うと、今回宿泊するのは上段の緑色の部分のお部屋。

その中でもかなり空港寄りところです!(左が空港方面で、右が多摩川方面)

部屋のタイプは(禁煙)スタンダードセミダブルTypeBです。

客室エリアへ向かう。

客室へ向かう各通路にもカードパネルが設置されていて、カードキーが必要になります。

壁の案内を見ると、飛行機が矢印代わりになっている!

長い廊下を進み、部屋へ向かいます!

部屋の紹介「スタンダードセミダブルTypeB」

部屋のドアには各種カードがマグネットで貼り付けられています。

左側には全身ミラーがあり、右側には水回り。

部屋はかなりコンパクトですが、ナチュラルなデザインで圧迫感がありません。

まだ新しいホテルなので、全てがキレイで良い。

1人での宿泊なので、ちょうど良い広さ。

ベッドはセミダブル。

シモンズ社と京急EXインが共同開発したマットレスが使用されています。

デスクも十分な広さ。PC作業も問題なく行えます。

デスクは横に広く、奥にはグラス類や、電気ケトルが置かれています。

下には冷蔵庫。

テレビは42インチ。

ベットボードには部屋の各種照明のボタンが備わっていて、便利だし使いやすい。

クローゼットはありませんが、壁にかけるタイプのハンガーがたくさん。

シンプルな絵も飾ってあります。

スリッパは使い捨てではないタイプ。

クリーニング済みなので、安心して使おう!

消臭ミスト。

シューポリッシャー。

バゲージラック。

パナソニックの高性能加湿機能付き空気清浄機。

マグカップやグラス。

冷蔵庫。

狭いけど、事足りる!

バス・トイレ周り

水回りはこのドアの向こう。

コンパクトですが、非常にキレイな水回りです。

ピカピカの洗面台!

右側がシャワールーム。

お手洗い。

この客室タイプにはバスタブはついていません。

大浴場を利用するので、シャワーのみで十分です!

シャンプー類はDHCでした。

ファイス&ハンドソープ。

歯ブラシとボディタオルだけはアメニティとして置いてありました。

歯ブラシ用のコップ。

グラスかと思いきや、プラスチック。

洗面台の下には、バスタオルやドライヤーが収納されています。

ドライヤーの威力は弱いですが、これは仕方がない!



各種サービスや有料レンタル品など

テレビではホテルに関しての各種情報を得ることができます。

ランドリー状況や大浴場の状況も見られる。

手持ちの端末とのミラーリングも可能。

テレビの下には有料サービスの案内があります。

VODの冊子。

おそらく交通系ICで精算ができるのだと思います。

有料のレンタルサービス。

「PlayStation4」「Nintendo Switch」のモニターセット、家庭用プラネタリウム、
パナソニックの美顔器、パソコンやゲーム機向けの21.5型の液晶モニター、室内運動用の腹筋マシーンなどがありました。

インフォメーションの冊子。

デリバリーサイトのリストが載っています。

ドミノピザもありました。

あとはマッサージも。

コンセントはこんな感じ

電気ケトル専用のコンセント。

デスクの端。

ベッドボード。USBもあります。

洗面台。

部屋からの眺めは・・・果たして飛行機は見えるのか!?


ロールカーテンを開けて、外の景色を確認します。

少しでも空港とか飛行機が見えたらいいな!

ぎゃーーー!!!!

うわーーーー!!!

あらーーー!!!

ありがたいことに、15時から南風運用になってくれたので、B滑走路(22)から離陸の飛行機が目の前を通過していきます!

滑走路自体は建物でギリ見えませんが、離陸ホヤホヤの機体がすぐそこに。

ホテルの部屋にいながら、間近に飛行機を楽しめます。

右側を向くと多摩川方面も見えるので、通り過ぎて行った機体もしばらく眺めていられます。

フロントから持ってきたコーヒーを飲みながらひと休憩!と思っていたが、興奮してそれどころではない。

ベッドに寝っ転がってても余裕で見れちゃう!

部屋から見える景色を説明します!

まずはイノベーションシティの敷地が目の前に広がっています。

空港方面には足湯スカイデッキの建物があり、その奥に第3ターミナルやザロイヤルパークホテルやエアポートガーデンなどが見えます。

ここ(5階)より低い階だと、建物が邪魔をして空港や飛行機が見えにくいかも。

140番代スポットに駐機している機体も見えます。

奥には第1ターミナルの屋根と、羽田スカイアーチ。もっと左には、管制塔・旧管制塔・羽田エクセルホテル東急なども見えます。

B滑走路から離陸する飛行機はもちろんのこと、A・C滑走路に離着陸の飛行機も遠くに見ることができます。

多摩川方面も、情緒に溢れていて良い。

残念すぎる下手な写真ですが、タヌキ顔のA350(JAL)。

お腹が丸見えです!

南風運用のB滑走路からの離陸時に当たったら、ここの部屋は最強!

JALのB767。

この瞬間にアマビエジェットが飛んで来てくれたら最高なのに。

日が暮れてきて、誘導灯が点灯しました。


イノベーションシティもライトアップ。

暗くなるとこんな感じに見えます。

部屋の電気を点けたままだと、外からも丸見え状態になるし、窓ガラスに反射してよく見えないので全消灯がベスト。


外に出ようかな。

宿泊予約サイトでお得なプランをチェック!


夜の足湯スカイデッキで飛行機鑑賞・2タミで夕食探し

もうすぐ18時なるし、外に出ます。

宿泊者が少ないのか、全然遭遇しません。

ひとまず足湯スカイデッキに来ました。

階段で行く気力がないのでエレベーターを使用。

夜に行くのは初めてです。

すぐ後ろには、宿泊しているホテルが見えます。

おそらく、私が宿泊している部屋も写っているはず!

なんだか良い雰囲気。

思ったより人がいる!

誘導灯がキレイ!

第3ターミナル方面。

B滑走路からの離陸にしばらく見入っていました。

夕食探しついでに、夜の空港を楽しみに第2ターミナルへ行きます。

イノベーションシティにはコンビニ(デイリーヤマザキ)がありますが、閉まるのがめちゃくちゃ早いです。

注意が必要!

改札横のガチャポートをのぞく。

たくさんの種類があります。

第2ターミナルへ到着。

展望デッキの営業時間が22時までになったから嬉しい!

本当は空弁を買って部屋で有意義に食べようかと考えていました。

が!展望デッキを満喫しすぎた挙句、行こうと思ってた空弁のお店が終了してた。

1階のローソンでお酒やお水やおつまみを購入。

疲れてしまったので、隣のマックで買って帰ろう。

電車の中で匂いが充満しないように、ビニール袋の上から手持ちの袋に入れて完全に封をする!

東京モノレールでホテルへ帰ります。

イノベーションシティへ戻ってきました。

部屋に戻って夕食を食べる。

夕食がマックとは妥協した感は否めないものの、好きなのでこれはこれで良しとしよう!

夜の晩酌用のお酒を冷やす!

離着陸する飛行機を眺める。

この時間でも足湯に行き交う人がそこそこいます。

お腹がいっぱいになったので、ひと休憩。

大浴場へ行く・フロア内の自販機など

21:00頃、楽しみにしていた大浴場へ行くことに!

営業時間は15:00〜25:00まで。

テレビ画面から、大浴場の混雑状況が確認できます。

今は空いているようです。

大浴場の入り口で暗証番号が必要になるので、忘れないようにしよう。

タオル類も用意がないので、部屋から持って行きます。

ホテルの部屋着はこんな感じです。

上下セパレートのワッフルパジャマ(長袖・長ズボン)。

タオルや着替えを入れるバッグも用意されています。

大浴場に用意のあるアメニティはこんな感じです。

クレンジングオイルや化粧水・乳液があるのはありがたいです!

館内移動可能なスリッパとパジャマで出動。

パジャマのサイズは少し大きいけど、着心地は悪くない。


大浴場は宿泊している同フロア(5F)にあったので、すぐにたどり着きました。

入り口で相性番号を入力して入ります。

出典:京急EXイン羽田イノベーションシティ公式HP

※(大浴場は撮影できないので、公式サイトより画像をお借りしています)

私以外には誰もいなくて貸切状態!

脱衣所やロッカーも含め、全体的に清潔感があります。

クレンジングオイルは、洗い場に設置されています。

内湯の温度はやや低めに感じました。

窓にはボカシがかかっていますが、立ち上がると外の景色も少し見えます!

出典:京急EXイン羽田イノベーションシティ公式HP

女湯の外湯はこんな感じです。

ほぼ室内ですが、天井が空いているので多少空も見えるし、夜風も入ってきて気持ちいいです。

こちらは内湯より少し温度が高くて温まる!

内湯と同様、窓にはボカシがかかっていますが、立ち上がると外の景色も少し見えます。

脱衣所のドライヤーの威力は弱めなので、乾かすまでに少々時間を費やしました!

出典:京急EXイン羽田イノベーションシティ公式HP

男湯の内湯。

出典:京急EXイン羽田イノベーションシティ公式HP

男湯の外湯。

長旅の後でも、これだけ足を伸ばしてお湯に浸かれたら、いくらか疲れが癒されるだろう。

大浴場の目の前にはお休み処があります。

誰もいなくて静か。

マッサージチェア的なものもあります!


奥に進むと自販機コーナーがあります。

アイスの自販機。

ハーゲンダッツやレディーボーデンが多数。


小腹が減っても安心な自販機。

カップ麺やお菓子やパンなど。

ソフトドリンクの自販機。

アルコール類の自販機。

エレベーターホール前のベンダーコーナーにはレンジもある。

ランドリーコーナーもあります。

部屋に戻ってきたので、冷やしておいたビールで乾杯!

ベッドでゴロゴロしながら、空港を見ながら飲むビール。至福!

部屋の電気を消して、全力でこの景色を楽しむ。

テレビをつけたら、毎週見ているドラマがやっていたのでとりあえず見る。

今日はよく遊んで、よく歩いて、よく食べた。

布製カーテンの内側には、遮光ロールカーテンも付いています。

カーテンを完全に下ろして部屋を真っ暗にして寝ようとしましたが、外の景色も気になるので、下を多少開けた状態で寝ることにしました。

24:00、就寝!

宿泊予約サイトで空室状況や料金をチェック!

早朝の足湯スカイデッキからの絶景

06:30頃、アラームで起床。

せっかく空港の近くに宿泊しているのだから、早朝から楽しまないと!

と思う反面、本当に眠すぎて、勝手に目が閉じるしお布団からも出られない。

なんとか体を起こすと、そこには朝焼けに包まれる空港が。なんて素晴らしい!

部屋からの景色も良いけど、足湯スカイデッキから日の出を見たい。

すごい早さで洗顔と歯磨きと着替を済ませて、外に出ました。

朝のイノベーションシティ 。

誰もいない。独り占め!

気温も10℃くらいで強風も吹いているし、めちゃくちゃ寒い。

薄着だし、この寒さに耐えられるか。

目の前のB滑走路に着陸してくる機体を眺める。

遠くには都心のビル群やスカイツリー。

A滑走路からの離陸。実に幻想的!


エアポートガーデンの真上から朝日が昇ってきました!

徒歩15分のところにファミマがあるらしいので、近くの駐機場を見ながらお散歩がてら行こうかと計画していたものの、風も強いし寒すぎて挫折。

それなら電車に乗って温まりながら空港へ行こう!

東京モノレールに乗り込む。

07:00頃、第2ターミナルへ来ました。

ここなら室内展望エリアがあるので、寒さとは無縁でC滑走路を眺められる!


でも結局外へ出て来てしまった。

早朝の展望デッキはすごく久しぶり。

1階のコンビニでお買い物をして、ホテルへ戻ります。

この時間は、こっち方面のモノレールには乗客がほとんどいない。

戻って来ました。

部屋での飛行機見納め・チェックアウト

ロビーのコーヒーをいただき、部屋へ戻ります。

まだ8時!

今回の予約したプランはチェックアウトが12時まで。まだのんびりできる。

壁側に枕を2つ重ね置いて、そこに寄りかかるのが定位置になっている。

そそくさとパジャマに着替えて、ゴロゴロしながら空港を眺める!

非常に優雅な時間が流れている。

JALのB787の後部貨物室ドアが空いているも見える。

心地よくてウトウトして、気がついたら1時間半くらい寝てしまった。

シャワーを浴びて、帰りの支度を済ませます。

この景色も見納め。

個人的に最高の部屋でした!

シャワーを浴びて、帰りの支度を済ませて、11:45頃部屋を出ます。

チェックアウトはとても楽で、フロントカウンターの前に設置されているBOXにカードキーを入れて終了。(追加精算がある場合は別)

旅行から帰る時と同じで、寂しいテンションになっている。

帰りたくない!

もう1回空港に戻ろうか悩みましたが、また近々来ることにして、今日は京急線に乗って大人しく帰えることにしました。

空港と飛行機を楽しめた滞在でした!

まとめ

宿泊した「京急EXイン羽田イノベーションシティ」は、階数と部屋の方角次第では空港や飛行機を見ることができます。

それに加え、風向きの条件も揃うと、B滑走路から離陸して来た飛行機を間近に見ることができます。

今回はとても運が良かったように思います!

ホテル自体も新しくてキレイで広々していたし、スタッフの方の対応もとても良く、気持ち良い滞在となりました。

羽田空港を使用する旅行者の方や、zepp hanedaを利用する方にも、とてもオススメです!

また機会があれば、飛行機の見えるホテルを探して宿泊しようと思います!




シェアしてもらえるとうれしいです!