【5/3】ANAフライングホヌ遊覧チャーターフライトに参加!間近で見るA380は圧巻!

(記事公開日:2021/5/6)

\激安航空券を探すならエアトリ!/

いちばん安い航空券を一括検索するならエアトリ


みなさま、こんにちは。30代主婦のホヌコでございます!

5回目の応募でようやく当選したANAのA380「フライングホヌ」の遊覧チャーターフライト。

私が当選したのは、GW真っ只中の5月3日の回です。

東京で緊急事態宣言が出ている中、参加するか寸前までとても悩みましたが、せっかく手にした貴重な機会でしたので、感染対策をしっかりとして参加してきました。

今回はチャーターフライト当日の様子をお伝えします!


チェックインに間に合わないかも事件!

5月3日、計画上では11時頃にリムジンバスで第1ターミナルへ到着する予定でした。

しかし、思わぬ渋滞に巻き込まれてしまい、チェックイン締め切り時間の11時30分に間に合わないかも・・・という騒動に!

大慌てで遅れそうだという旨の連絡を入れました。

よく考えればGWだし道も混みますよね。なぜ私はそれを計算して計画を立てなかったのか・・・

もうフライングホヌに乗れないかもしれない。いや、きっと乗れない。

ほぼ諦めていました。

その後、渋滞が一気に解消されて車が流れ始めました。

現地にいるANAのスタッフの方と電話でやりとりをさせてもらい、ここからは時間との勝負に。

なんとか11時31分に第1ターミナルの南ウィングに到着し、ここ数年の中で一番高速な走りでJカウンターへ。

電話で対応してくださった男性スタッフの方に迎えられ、無事にチェックインを済ませることができ、さらには「いってらっしゃいませ!」と笑顔で快く送り出していただきました。

親切な対応に心の底から感謝をし、自分のミスでご迷惑をおかけしてしまった事を深く反省しました。


搭乗までの様子

もちろんチェックインカウンター付近の写真は撮る余裕もなく、すぐに搭乗ゲートへと向かいます。

途中に記念撮影コーナーがありました。

ここに来てやっと、今からフライングホヌに乗れるんだ!という実感が湧いてきました。

せっかくなので撮ってもらう事に。

撮影したチェキは、台紙に差し込んだ状態で手渡されます。

台紙の裏を見ると手書きのメッセージが!

これは嬉しい!良い思い出になります。

流れるように手荷物検査へと進みます。

成田は国際線ではよく利用しますが、国内線で利用するのは初めてです。

見慣れない光景で、どこか違う空港にでもいる気分。

搭乗ゲートへ到着すると、フライングホヌの風船を持ったスタッフの方がいました。

旅程表に記載のあったキーワードを伝え、3号機の風船をもらいました!

少しすると、グループごとに搭乗が開始されました。

新型ウィルスが流行ってからはどこにも旅行へ行っていないので、飛行機に乗るのも久しぶりです。

オープンスポットに沖止めされているので、そこまではバスで向かいます。

1号機と2号機が仲良く並んで駐機している!

フライングホヌは展望デッキから見たことがありましたが、まだ乗ったことはありません。

機体に近づくにつれて、その大きさに圧倒されます!

おしりの下から。

こんなに近くで、こんな良いアングルから写真を撮れるとは!

すでに興奮が止まらない!

今日は1号機です。

バスが到着しました。

冗談抜きで大きい!

間近でフライングホヌを見られるのは、沖止めならでは。

エンジンも見放題!

これはチャーターフライトだけの醍醐味かもしれない。


しばしの撮影タイムです。

近くにいるスタッフの方に声をかけて、夫と2人で写真を撮ってもらいました。

後ろを振り向くと、グアムとかサイパンとか少し田舎の空港を彷彿とさせる、広い空間と青空。

お天気も良く、チャーターフライト日和です。

非常に贅沢な時間でした。

いってきます!

フライングホヌに乗り込む・離陸

タラップを使って乗り込みます。

憧れのフライングホヌに足を踏み入れる瞬間!

早く機内を見たいけど、まだまだ外で機体を眺めていたい気もします。

階段を上がって2階席へ行きたいところだけど・・・

私はエコノミーなので上がれません。

壁が青空だったり、ハワイアンソングが流れていたり、乗った瞬間からハワイ気分。

席に着きました。

購入したカイ君のぬいぐるみと、横に駐機している2号機との2ショット。

かわいい〜

エコノミーのシートピッチは34インチ、足元もほどほどにゆとりがあり、座り心地も良いです。

モニターはタッチパネル式の13.3インチ、とても大きいです。

ドリンクメニュー。

ビールも飲みたいけど、眠くなりそうだからソフトドリンクにしようかな。

フライングホヌバージョンの安全のしおり。

楽しみにしていた機内安全ビデオ。

歌舞伎ではなく、ラニ・カイ・ラーがハワイで無邪気に遊んでいる映像が流れます。

顔がにやける!

プッシュバックが始まり、動き出しました。

離陸までもう少し。

横を見るとお見送りをしてくれていて、なんだか嬉しい。

航空会社にとっても大変な時期だと思いますが、微力ながら応援しています!

空席も多く、窮屈な感じは一切ないです。

滑走路に到着。

いよいよ離陸!

加速して上昇して行きます。

体にGがかかるこの感じがたまらない!

久しぶりに見る上空からの景色。

機内では大きい声で話す人もいなくて、とても静かです。

尾翼カメラの映像が見られるのも楽しい。

下方カメラに切り替えると、のどかな風景が広がっていました。

しばらくすると海へと出ました。

MAP上に出る飛行機もフライングホヌ。

3Dとかにもできるし、楽しくてしばらくモニターに夢中になりました。

富士山の方へ向かっています。

それにしても、A380って非常に静かで良いですね!

飛行ルート

静岡県上空で機長からのアナウンスがありました。

今日の飛行ルートは、このまま紀伊半島を抜けて太平洋上に出て、四国の沖合を通って鹿児島へ。その後、進路を変えて瀬戸内海上空、大阪、名古屋、新潟、山形を通過して、茨城県側から成田へ進入とのこと。

【数量限定特別価格】 【送料無料】 スーパーサウンド エアフリート ANA ボーイング 767-300ER

価格:5,980円
(2021/5/6 14:54時点)

機内食

機内食のサービスが始まりました!

新型ウィルスが流行って国際線にも乗れなくなり、機内食が恋しくなって、昨年の夏頃に自分でANAホノルル線の機内食を再現したりしました。

さて、本日の機内食メニューは↑こんな感じです。

ピエール・エルメのデザートが楽しみです。

家で食べる「機内食風」とはワケが違う。本物だ!

個人的にはポークパテとりんごのコンフィがすごく好きでした。

グリルチキンは柔らかく、何よりソースが美味しかったです。

楽しみにしていたピエール・エルメのデザート。

下のイチゴのコンポートの酸味と、上に乗っているピスタチオ風味のマスカルポーネクリームとの相性が抜群でした!

この時点でお腹がいっぱいになり、お菓子とクラッカーは持ち帰ることに。

ホットコーヒーをいただき、優雅な食後を過ごします。

今ではANAの機内食がネットで購入できる時代。

私も2回ほど購入しました!

でも、こうして実際に空の上で機内食を食べれる日が来るとは・・・感無量!

機内食や機内で提供されているドリンクなどはANA公式サイトで販売されています。

(詳しくはコチラ↓で確認できます!)

ANA公式オンラインショップ(楽天市場)

残りのフライトを楽しむ

天井がレインボーカラーになりました。

ビールを2本空けた夫が気持ちよさそうに眠り始めました。

随分と贅沢なお昼寝だな〜。

せっかくA380に乗ったので、階段を見に行きました。

いつか階段の上のシートでハワイまで行こう!

抽選会が始まりました。

景品は、ハンドタオル・ハワイアンカトラリー・フライングホヌモデルプレーン。

当選した席番号はアナウンスで発表され、景品は座席まで持ってきてもらえるシステム。

残念ながら全て外れてしまいました!

気がつくと東北の上空。

さっきまで九州だったのに早い!

そして、だんだん終わりに近づいている。

リモコンの行き先が成田→成田。

綺麗な雲海が広がっています。

降下が始まりました。

黒くて分厚い雲の中に入って行きます。

まだまだ乗っていたい!

地上が近くなって来た。

成田まではもう少しです。

日差しに照らされて田んぼの水がキラキラしている。

モニターを前方カメラに切り替えると、目の前に滑走路が!

モニターも見たいし、外の景色も見たいし、どうしよう。

動画から切り取った画像をさらに拡大しているので、画質がとんでもない事になっていますが、さくらの山公園で飛行機を楽しむ人達も見えました。

無事に成田へ到着。

あっという間の3時間半!


なんとなく、旅行から帰ってきたときの寂しさを思い出す。

機体が止まりました。

アナウンスのあったグループごとに降ります。

モニターにはラニ・カイ・ラーのSNS風の楽しそうな映像が流れています。

最後までかわいい!

タラップを降りて外に出ると、目の前には2号機!

ここで最後の撮影タイム。

フライングホヌをこんなに間近で2機も見られるチャンスはもうないかもしれない!

バスが来たので乗り込んだものの、もっと機体を見ていたかった!

もう少し後のバスに乗れば良かったと後悔。

バスの後部座席に座って、最後までフライングホヌを見届けました。

ありがとうホヌ !バイバイ!

出口へ向かいます。

最後にANAのスタッフの方々が並んでお見送りをしてくれました。

朝お世話になった男性スタッフの方もいて、改めてお礼をお伝えしました。

無事に遊覧飛行に参加できて本当に良かったです!


特典でもらえた物&購入品

エコノミークラスの特典はこんな感じでした。

HONUリュック・FLYING HONU フェイスタオル・ANA Traveler’s オリジナル付箋(写っていないです)。

その他に、搭乗証明書(写っていないです)・ホヌ風船・ポストカード。

HONUリュックはふわふわとした触り心地で最高にかわいいです。

そしてタオルはカッコイイ。

全て2セットずつあるので、1つは使用して、もう一つはコレクションとして保管します!

ポストカードは搭乗証明書と一緒に同封されていましたが、それとは別で機内でも配布していました。


以前より、フライングホヌに乗ったらカイ君のぬいぐるみを購入しようと考えていたので、ようやく手にすることができて嬉しいです。

事前にネットで申し込んでチェックインの際に受け取る流れでした。

価格は3,300円。

とても気に入っています!

まとめ

5回目の応募でようやく乗れたフライングホヌのチャーターフライトですが、期待以上の内容でした!

値段は決して安くはないけれど、価値のある快適な時間を過ごすことができました。

次にフライングホヌに乗るときは、ハワイへ行くときかな〜。

1日でも早くそんな日が来ることを願っています!





\ハワイのあの味をご自宅で!/

「旅」をテーマにした通販サイト JTBショッピング


シェアしてもらえるとうれしいです!